オンラインゲームというのは、十数年前にインターネットのブロードバンド化が普及していくところから本格的な歴史が始まっています。ネット環境がブロードバントとなることで定額制の料金体系が広がり、一気にオンラインゲームのユーザー数が増えていくことになります。始めの頃のオンラインゲームでは、対戦型のシューティングゲームやゴルフなどのスポーツゲームなどのアクションゲームが多く楽しまれていました。そうしたゲームをする場所としては、自宅以外にネットカフェなどでも次第に楽しめるようになっていきます。とくに韓国ではネットカフェのような場所でオンラインゲームをするのが一般的となる状況が生まれています。韓国では世界に先駆けてブロードバンドが普及したため、ユーザー数が急速に増えました。その結果、ゲームの開発においても韓国メーカーは一歩進んでいる状況が出て、、世界のユーザーの支持を集めるようになっています。かつてはアクションゲームが多かったものの、現在は大作のRPGゲームも提供されています。日本のゲームメーカーでも、コンシューマーゲームとしてヒットしたナンバータイトルをオンライン化してリリースすることが増えています。近年はクラウド化が進んでいるため、多くのユーザーが一度にゲームにアクセスしても通信トラブルがなくなっていることが原因になっています。

オンラインゲームの国内の規模について

オンラインゲームというのは今どれくらいの国内規模になるのかご存じでしょうか。
現在のところオンラインゲームは2300億円も巨大産業となっているのです。
オンラインゲームのほとんどはソフトをダウンロードして利用するものになっていますが、中には実物のソフトを購入するパッケージ版のものもあります。これらもすべて合わせますとこれくらいの数値になるのです。
これだけの巨大産業になったのにはパソコンそのものの普及も関係してきています。
そして他にも無料でできるものが多くなったというのも大きな要因になっているのです。ですので気軽に参加する方が多くなってきています。
また国内には海外から来たオンラインゲームなどもあり、こちらも日本では人気になっているのです。
かなりの規模になっていますが、これからさらに規模が大きくなる可能性もあります。
ちなみに国内ではたくさんのオンラインゲームがあります。
すぐに新しいゲームが開発され、お客様の争奪戦となっているのです。
このようなことから開発会社同士がライバル関係になっていますのでどんどんとユーザーに愛されるゲームが作られていくのです。
この巨大産業は国内のユーザーが作ったといっても過言ではありません。

オンラインゲームをしている人の男女比はどのくらいか

自宅で楽しむことが出来るような趣味としては、いろんなものがあります。
趣味を楽しんでいる時というのは、普段の生活での様々なストレスを忘れることが出来ますので、どんどん趣味の時間を持つようにしたいものです。
例えば音楽をきいたり読書をしたり、映画鑑賞というのもあるでしょう。
それ以外にもあるのが、オンラインゲームです。
最近ではオンラインゲームを趣味としている人もとても増えてきています。
そこでそのオンラインゲームですが、実際にしている人の男女比はどのくらいのものなのでしょうか。
全体的な割合としては、7対3くらいという風に言われています。
そしてその割合というのは、そのゲームの種類によっても差が出てくるようになっているのです。
例えば対戦型のゲームのようなものになると、その差は歴然としています。
対戦型ゲームの場合は、女性の割合はほとんどないと言われていますので、プレイしているのはほとんど男性ということになるのです。
ですのでそのオンラインゲームの種類によっても、男女比は大きく違ってくると言えるでしょう。
しかし女性でもたくさんの人がオンラインゲームを楽しむようになってきていますので、趣味の話題で盛り上がるときには、同じ趣味を持つ異性と出会う事ができる可能性もあると言えるでしょう。

ゲームPCの売上推移

スマートフォンやタブレットの普及によりパソコンの売上は年々減少しています。2013年は前年比30%減少したとのニュースもありました。でもゲームPCという分野だけ見るとちょっと違います。オンラインゲームの規模は拡大しているため、ゲームPCの需要は年々増加しています。昔はゲームPCなんてものは存在しませんでした。自分でグラフィックボードを買ってきて、取り付けるしか無かったのです。しかし徐々にパソコンメーカーがゲームPCに注力したことにより知名度が向上し、今ではオンラインゲームで遊ぶならBTOゲームPCを買うのが当たり前の時代になりました。

事実、BTOメーカーの売上の多くをゲームPCが占めるようになりました。ゲームパソコン最強2014年に輝くのは一体どこでしょうか。2013年はツクモとマウスコンピューターのG-Tuneが選ばれていました。おそらくDELLのエイリアンウェアが最強に輝くのだと予想していますが、今後の展開に期待しましょう。