人同士が関わることがネトゲの存在意義

オンラインゲームってログイン作業が面倒。特にドラクエは一定時間放置で強制ログアウトだし。オンラインゲームを徹夜でやるヤイバめでたい。個人的にはスマホゲーは移動時間の暇つぶし用という認識だからな。オンゲーはアクション要素ないとダメなおじさんになってきた。一週間に一回パソコンを開くかどうかがオンラインゲームを始めるなど無理な話だったのだ。DMMのオンラインゲームが18歳未満は駄目っつってんだからコンテンツ内容が健全であれ何であれ駄目なんだろ。長いオンゲー生活でのデフォだと思ってたらそうでもないのに久しぶりに出会った。ここ2年でオンゲーとは宝掘りゲムなのだとやっと気がついてきた。その前にやってたBFBC2は単純に撃ち合いゲムだったからゲム自体が楽しめた。ただ回線がクソなのでニンジャァとかぷそつとかオンラインゲームは無理っぽい。オンラインゲームをやる上でPCつけっぱなんて常識。ブラウザゲームをやるならなおさら。

プレイヤーはみんな人で、人同士が関わることにオンゲーとしての存在意義があるから、人同士が繋がる場の1つの手法として提供することにより、楽しいと思える機会を増やすのと同時に、その想いによって結果的に契約を継続してもらいたいということではないだろうか。プリっていうか、パソコンでしかできないからオンラインゲームっていうのかな。課金なしでも普通に楽しめるし、声優さんも素敵だし絵も素敵だ。初のグラブル協力クエストでアイカツ好きと思われる人に遭遇、クエストクリア後チャットにて雑談を少々。オンラインゲームはこういう出会いがあるから楽しいな。オンラインゲームなのかな。ドラネスやらなきゃ。sporeの第二フェイズのオンラインゲームできたらめちゃくちゃおもしろそうだな。オンラインゲームなんかでもリアルタイムで会話ができるんだしサーバーごとにクリエイターが待機しそこにログインする感じ。